4.  
頸管粘液中の精子の状態を評価する検査 
 
 

フーナーテスト・・・排卵時期に性交渉をもってもらい頸管粘液中の精子の数や運動性を調べるものです。検査当日の朝に性交渉をもってもらうのが理想ですが難しければ前日でも構いません。

 
 
  フーナテスト図  
  フーナテストの判定基準  
 
  Back CLOSED Next  
 
copyright