4.  
体外受精、顕微授精などの補助生殖医療(ART)  
 
 
 
一般不妊治療で妊娠できない場合、あるいは卵管の機能異常や精子に重大な障害がある場合には、早い段階での体外受精や補助生殖医療を行ないます。
 
一般不妊治療と補助生殖医療(ART)について
  今までの検査や治療方法は全て一般不妊治療であり、これらは基本的には自然妊娠を期待する方法で妊娠に関しての全てのステップが女性の体内で進行しています。そしてこれらの一般不妊治療を2年間行うことにより患者さんの約半数の方は妊娠されると報告されています。これらの治療で妊娠できない場合、あるいは卵管の機能異常や精子に重大な障害がある場合などは、早い段階で補助生殖医療が必要となります。これは生殖過程の一部を体外に移し障害部分をカバーすることにより妊娠を可能にする方法と言えます。
 
体外受精を行うことの意義
  一般不妊治療で行うことは、排卵した卵子のもとへ精子を届けてあげることまでであり、それより先の過程は全て体内で起こっているため我々には確認する方法がありません。本当に卵子と精子は出会っているのか、受精しているのか、受精卵は分割しているのか、受精した卵子は子宮まで移送されているのか、着床しているのかなどは全く分からないのです。即ち、一般不妊治療とは受精のチャンスを増やすことによって妊娠の可能性を高める方法と言い換えることができます。タイミング指導も人工授精も排卵誘発剤も、すべてその考え方に基づいて行うものです。これに対して、体外受精・胚移植法はもう少し直接的な方法と言えます。体外に取り出された卵子は確実に精子と出会うことができます。また体外で受精、分割した卵は子宮内に戻されますので、あとは着床するかどうかだけが問題となります。同時にこの方法は良質な卵子を採取できるかどうか、受精をするかどうかなど、今までの検査では確認できなかった重要な情報を得られるという点で、治療のみではなく診断的な意義も高いと言えます。周期あたりの妊娠率は約30%ですが、一般不妊治療の周期当たりの妊娠率が10%前後であることと、基本的に一般不妊治療で妊娠しなかった方が対象となっていることを考慮すると、実は相当に高い妊娠率であると言えます。ヒトでの臨床応用は1978年に成功例が出て以来、2015年のデータでは日本だけで年間5万人以上の赤ちゃんが誕生しています。総数ではすでに50万人に達しておりますが、これまでの多くの調査で出生児の異常率は自然妊娠の場合と差がないことが報告されております。
 
 
体外受精−胚移植の流れ
 
・顕微授精
精子の状態が極端に悪い場合や、通常の体外授精で受精しない場合、顕微鏡下で特殊なピペットで一匹の精子を卵細胞質内に注入して授精させる方法です。いくつかの方法がありますが、受精率の高さから、現在では卵細胞質内精子注入法(ICSI)が一般的です。
顕微授精図
   
・胚移植
受精後、胚の分割が順調にすすめば胚移植を行います。胚移植には採卵後23日目(48分割)に行う初期胚移植と56日目に行う胚盤胞移植があります。
また、二回に分けて胚移植をおこなう二段階胚移植や採卵の際の培養液を凍結保存しておいて融解胚移植の前に子宮内に注入するSEET法などがあります。
 
   
胚移植図  
 
・受精卵凍結・融解胚移植
たくさんの受精卵が得られた場合、これを胚移植せずにこれを凍結保存しておき、採卵周期以外に胚移植する方法です。
 
・孵化補助
受精卵の透明体が厚く硬くなって、細胞質が透明帯を破って脱出できずに着床できないことがあります。このようなときに、機械的あるいは特殊な薬剤で、透明帯を薄くしたり開孔させたりして孵化を助ける方法です。
 
   

・SEET法・二段階移植(2STEP-ET)
<SEET(シート)法・二段階胚移植(2STEP-ET)法について>
自然妊娠では、排卵された卵子は卵管采によって卵管の中にとりこまれて精子と出会い受精します。そして、受精卵は5-6日ほどかけて胚盤胞という形に成長をしながら卵管内を卵管膨大部(受精が起こる場所)から子宮に向かって移動して行き、子宮内膜に着床します。

このとき、受精卵自身も受精したての状態から着床のできる胚盤胞という状態まで成長していかなければなりませんが、子宮の方も受精卵を受け入れられるよう環境を整え準備をしておかなければなりません。そして、受精卵が受精してから胚盤胞まで育つまでの間、受精卵と子宮はシグナルのやりとりをしており、そのシグナルが子宮に受精卵を受け入れる準備を促します。
SEET法・二段階胚移植法は、そのシグナルを子宮に届けて子宮環境を整えた上で、胚盤胞という着床のできる状態まで成長した受精卵を移植する方法です。
胚移植の妊娠率は初期胚移植に比べ胚盤胞移植の方が高いですが、ただ胚盤胞を移植するだけでは受精卵が成長過程で放出するシグナルはありません。そこで、SEET法は受精卵の培養に使用した培養液を、二段階胚移植法は初期胚を、胚盤胞を移植する数日前に移植して子宮に着床の準備を促すシグナルを届けておくことで妊娠率の向上が期待できます。

  • SEET法
    SEET法とは、胚盤胞を移植する数日前に胚盤胞までの培養に使用した培養液を子宮内に移植しておく方法です。胚盤胞までの培養に使用した培養液には、受精卵が初期胚から胚盤胞まで育つ中で放出した子宮に着床の準備を促す伝達物質(シグナル)が含まれています。この物質を先に移植しておくことによって子宮の環境を着床に適した状態へと促します。
    移植する受精卵は胚盤胞のみなので二段階胚移植法に比べて多胎の心配が少ないです。また、採卵できた受精卵の数が少ない場合でもすべてを胚盤胞まで培養することができます。
    凍結胚移植での移植になります。また、SEET法で使用する培養液は採卵1回につき1回分のみ回収可能です。培養液は凍結後1年以内にご使用ください。(一年以上の保存延長はできません。)
  • 二段階胚移植法
    二段階胚移植法は、初期胚(受精後2-3日の分割期の形)と胚盤胞(受精後5-6日の成長した形)をどちらも移植する方法です。まず初期胚を移植し、その数日後に胚盤胞を移植します。先に移植した初期胚が卵管内で成長しながら子宮に着床の準備を促すシグナルのやりとりをし、子宮の環境が整ったところに胚盤胞を移植します。
    2個胚移植なので多胎の可能性もありますが、妊娠率がより高いです。また、胚盤胞という形まで成長する受精卵は約3060%ほどですが、培養しても胚盤胞まで育つものがない場合もあります。そうした場合でも、二段階胚移植法であれば初期胚を先に移植・凍結しておくため移植キャンセルにはなりません。
    凍結初期胚・胚盤胞は1年毎の保存延長をして頂ければ、保存期間の制限はありません。
 
 
  Back CLOSED  
 
copyright