久永婦人科クリニックCopyright
HOME求人情報Topicsプレスコラム  
お知らせ一覧
ブログ
培養室だより

index
ごあいさつ
診療内容・時間
診療費用
アクセス
施設紹介
スタッフ紹介
不妊症とは
不妊検査・検査項目
不妊治療について
カウンセリングについて
治療成績
受精卵取り違えに関する
  取り組み
安全管理指針

医療法人久永婦人科クリニック

不妊治療について

当クリニックでは、各種検査と並行して、次のような段階的治療を行なっています。生殖医療は日々進歩し、新しい技術や治療法が次々と考案されているので、ここで紹介する不妊治療以外の方法や疑問など、遠慮なくメールでご相談ください。また、ご本人の疾患や不妊要因、また年齢や希望により、治療方針は個別に対応させていただきます。

※検査内容を知りたい方は、以下の各検査項目をクリックしてください。
1. タイミング指導
2. 排卵誘発
3. 人工授精(AIH)
4. 体外受精、顕微授精などの補助生殖医療(ART)

1.から3.は、一般不妊治療と呼ばれるもので、受精のチャンスを増やすことで妊娠の可能性を高める方法と言い換えてもよいでしょう。
これに対し4.は、体外に卵子を取り出し、良好な精子と受精を行なった後、子宮内に卵を戻すという直接的な方法です。

■一般不妊治療

タイミング療法は、不妊検査の開始と同時に医師から指導を受けることがほとんどです。排卵を促すほか、質の良い卵子を育てる目的で排卵誘発剤が使われることもあります。
人工授精は専用の注射器を使って精子を子宮へ送り込み、卵子と出会う確率を高めます。受精以降のプロセスは自然妊娠とかわらず、身体に負担をかけない治療法です。

タイミング療法
人工授精
女性
排卵がある
頸管粘液良好
卵管閉塞や卵管狭窄がない
着床障害がない
頸管粘液減少
フーナー検査不良
タイミング療法不成功
男性
精子に異常がない 精子減少症
運動精子減少症
性交障害など

 

このページのTopへ